空に三日月♪みかづきの巣籠りブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)」

<<   作成日時 : 2016/10/11 19:06   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

3連休終わりました。

またいつもの日常です。

ひとつを除けば・・・


10/8土曜日

うららさんの心臓の検査に行って来ました。

エコーとレントゲンです。

検査と結果は30分ほどで終わります、と言われ

そのまま待合室で待つことに。



結果

「僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)」

いわゆる心臓病です。

簡単にどんな病気か?と言うと・・・

心臓の左心房と左心室の間にある

「僧帽弁」が何らかの理由でもろくなり

うまく閉じないため血液が逆流します。

血液が逆流すると

全身に送り出される血液が少なくなります。

そうなると、それをカバーしようと

心臓はいつもより頑張り始めます。

心臓が頑張っている間は

全身にそれほど大きな影響はありませんが

頑張り続けている心臓は

だんだん負担がかかり弱っていきます。

そして頑張りが限界に達する時がきます。



エコーとレントゲンの画像診断では

うららさんの今現在の心臓は

大きくなっていることもなく

(心臓に負担がかかかると少しずつ肥大していくそう)

日常生活には何ら支障は無いそうです。

うららさんは6歳4カ月。

一般的に8歳頃から心雑音が

聞こえ始める仔が多いらしいので

そういう意味では若い発症ということでしょうか。

犬の心臓病は手術はしないそうです。

(方法はあるそうですが)

対症療法。

心臓の負担を軽くするための投薬治療です。

早速、血管を拡張する投薬が始まりました。

一生飲み続ける薬。

心臓付近の血管を拡張させて

逆流にかかる負担を軽減するための投薬。

うららさんの心臓、そんなに頑張らなくていいよ!

と補助してくれる薬。

血液が逆流している、という事実がある限り

何らかの投薬を始める、

という選択肢しかないのかなと思いました。

心臓病=悲観的になる必要はないとのこと。

心臓がだんだん弱っていく速度を

緩やかにたもってやること。

それが家族に出来る事。

うららのハート、ゆっくりゆっくり穏やかにね・・・

いつまでも見守るね!


長々と読んでいただきありがとうございます!

そして、うららさんを心配して

声をかけてくれたり

メールやラインをくれた友達。

心からありがとう〜(*^_^*)



画像


今朝のうららさん。



画像


寒かったからとっても小さく丸くなっていました。

ぷぷぷ笑



画像


寝ている時にカメラ向けるといつもこんな感じ(汗)

うっとうしそう・・・笑

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 主婦日記ブログへ
にほんブログ村
「僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)」 空に三日月♪みかづきの巣籠りブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる